始まりの春2016年04月12日 09時14分33秒

育ってきたマザーリーフ、とまっている蝶々はフェイクです。
4月の声を聴き、新講座や朗読ライブの練習が始まります(^o^)

♪ 昨日から「戯曲朗読~岸田國士を読む」がスタートしました。
 朝日カルチャーセンターにて。14:30~16:30
 一幕ものを“ト書き”を含めて役を決め朗読で表現します。
 とても楽しい時間になりました~!

♪ 今日は、「八青講座~ココロとカラダの深呼吸時間」
 イーブルなごやにて。14:00~15:30
 他の講座もみんなそうですが、
 この講座は特に基礎レッスンを中心に進めます。
 ほっと一息おしゃべりタイムもあります(^^)

♪ 16日土曜日(14:00~16:00)は、
 「朗読に活かす演劇ワークショップ」を開きます。
 表現に大切な「間(ま)」。心と身体の動きを演劇を通して体感します。
 白樺八青オリジナル台本「Dialogue」をテキストに、
 笑いあり&笑いあり、ときには涙あり?!

♪ 21日木曜日(18:45~20:15)は、
 「声をみがく~ポエムリーディング」、
 朝日カルチャーセンターにて、リスタートします。
 心が洗われることばを浴びながら、
 リフレッシュしていただく夜の講座です。

♪ そして、そして、今週の木曜日からは、
 6月の朗読ライブへ向けてのお稽古が始まります。
 「雨色のとき」・・・11名の出演者が、
 11色の雨の風景を朗読で描きます(^^)

どんな時間が待っているのか、とてもとても楽しみです(^o^)/~~~
みなさま、よろしくお願いいたします!!

もうすぐ二十歳!!2016年03月16日 11時18分51秒

今使っている名刺です。水野真人さんにデザインしていただきました。
「白樺八青」が誕生して、
3月27日で二十年になります。

へえ!
この名前とそんなに長くつき合ってきたんだ!
われながら感慨深く振り返っています。

あのころ、
いろいろな出来事に身も心も疲れ果て、
(今の私には信じられないけれど)
霊感師さんや占い師さんのところへも出かけました。

そのとき出会った竹村亜希子さん。
易経研究家として広く知られる方です。

竹村さんがおもにアドバイスされるのは、
企業の社長さんや管理職の方です。
有名人でもない私が行くところではなかったかもしれません。
でも、以前にお目にかかったご縁と、
人から人へのつながりで、
意を決してオフィスを訪ねたのでした。

そして、竹村さんの机の上に置かれた白い用紙。
そこに竹村さんの手で書かれたいくつかの名前の中から、
目に飛び込んできたのが「八青」という文字でした。
心にも、深くずんと入りました。
これこそまさに、ひと目ぼれ、でした(*^-^*)
これしかないと実感しました。

それから苗字の「白樺」を考えていただきました。

あのとき、アドバイスしていただいたこと、
のちに形になっています。

いつも人生は出会いだと実感しています。
そして、この名前との出会いほど私の人生を変えた出来事は、
ほかに思い当たりません。

27日を前に、
あらためて感謝の心を捧げます。

初「能楽堂」公演を終えて2016年01月20日 08時50分46秒

終演後、出演者そろって
自由空間八田2周年記念特別ライブ
「道を活かす」  in名古屋能楽堂

あたたかい余韻が残る舞台でした。

鬼頭拓真さんは、人と人をつなぐ、強い力を持った人だと、
今回あらためて感じました。

そして、出演者の方々…
それぞれのパフォーマンスが本当に素晴らしかったです。

私は「鶴の恩返し」(天空からのことづて)の朗読もさることながら、
鬼頭さんのイメージされた「おざなりじゃない」影アナウンスが出来たことが嬉しかったです。

ただただ、感謝 のひとことです。


**** 撮影:安達一輝 ****

一年のはじめに2016年01月04日 22時28分14秒

三が日、あたたかかったですね。
どんなお正月をお迎えでしたか?

私は、以前から訪ねてみたかった鎌倉に電車で出かけました。
ここは、父が幼少期を過ごした町です。
静謐で光に溢れた円覚寺境内をゆっくり廻り、
それからひと山越えて由比ヶ浜へ。
ちょうど日没に間に合い、
夕暮れの海岸が美しかったです。
(いつかまたゆっくりと訪ねるチャンスがありますように)

名古屋への帰り道、中央道の初狩SA。
ここから見えるちいさな富士山も好きです。

穏やかなお正月でした。
平和な日々が続きますように。
今年もよろしくお願いいたします。

語りや朗読にもさまざまな…2015年12月19日 14時57分38秒

実は、私、本がうまく読めません。
いわゆる「黙読」が出来ないのです。
外からは黙読しているように見えても、
頭の中では音が鳴ってしまい、
文字から受ける「意味」だけを入れるということが困難なのです。

そのため、どんな文章でも読んでいると、
作者のリズム感やメロディや音質などが伝わってきます。

さて、今回の妄想会議コンサート。

冒頭に読む太宰治の「正直ノオト」は、
どう読んでも講談になっていきます。
だったら講談調で読もうと思い、
なーーんと、
釈台を作ってもらいました(^o^)/
これ、あまり売っていません。
とうぜん張扇(はりおうぎ)も使います。

ちゃんと講談が出来るのか?
と聞かれると…、てへへ…。
大むかし、江戸で、
ある講談師さんの講座に一度参加したことがあるだけです。

なので、私がやるのは、講談調、です。

でも、その調子で読むと文体がいきいきしてくるのです。

そんな経緯もあって、
サクソフォンの二人にあるジャンルの演奏をリクエストしました。
二人とも今まで決して吹いたことのない音楽です。
うーーーん、さすがです!
素晴らしく表現してくれました。

妄想会議、初っぱなは、ちょっと度肝を抜くかも知れません。

ぜひぜひあなたにお聴きいただきたいです。

*********************************:

●公演日時
2015年12月25日(金)14時/19時
26日(土)14時
※3回公演
●千種文化小劇場
●チケット:3.000円(全自由席/前売・当日とも)
●出演
声とことば=白樺八青
サクソフォン=竹内幸枝
サクソフォン=所克頼
●スタッフ:
音響デザイン=椎名カンス
照明デザイン=吉戸俊祐
空間意匠=久野周一
書=梅扇
映像デザイン=牛嶋宏樹

写真&宣伝美術=及川陽子
ロゴデザイン=楚勉

制作=宮田久美子
●主催:妄想会議制作委員会・コスモアルテ

○内容
長田弘詩集より
谷川俊太郎詩集より
太宰治「正直ノオト」「待つ」
宮沢賢治「よだかの星」「星めぐりの歌」
ドボルザーク「母の教え給ひし歌」「交響曲第9番第2楽章」
イベール「アリア」
バッハ「ゴルトベルグ変奏曲」より「アリア」
白井稚佳子「般若心経」 など

2015年12月01日 21時05分40秒

何かとご縁のある東海テレビの庄野俊哉アナウンサー。

ご近所のよしみもあり、
先日、久しぶりに語らいのひとときをいただきました。

「回想法」、「新聞音読」…私とは少しずつ違う立ち位置で、
でも同じ方向を向いて発信していらっしゃるのが伝わって、
とても嬉しかったです。

ブログにご紹介いただきました。

http://tokai-tv.com/announcer/shono/2015/12/012010.html

あとひと月2015年12月01日 10時03分59秒

母が亡くなって、ある意味、時間が止まった感があり、
しかし、現実には必要としていただく場面もいくつかあり、
時間の流れが、あちこちで異次元を行き交いなりながら進んでいます。


10月28日、ことばのまびや朗読ライブ「対話~DialogueⅡ」では、
稽古初日までの二日間で書いた6作品を稽古を重ね、
本番では、出演したまなびやメンバーにも、お客様にも喜んでいただきました。

11月22日には小牧市混声合唱団のステージで、
マイフェアレディの進行役をさせていただき、
久しぶりのミュージカル気分を堪能いたしました。

上田定行さんからお声をかけていただいた専門学校HAL・卒業制作展のための映像作品のお手伝いでは、
久しぶりにスタジオ収録の楽しさをチラリと堪能いたしました。

11月30日には、ギタリスト望月雄史さんのお声がけにより実現した
稲武小学校での「朗読を聴く会」で、
これまた(かつては日常だった)小学校で公演を懐かしく思い出し…。

とても恵まれた毎日を送っています。

そして、今月は、ついに妄想会議です。

一年の総決算、
母へのオマージュ、
さまざまな思いを込めてお贈りいたします!

お一人でも多くの方にお越しいただけることを願っています。

お母さん2015年09月03日 23時39分28秒

8月23日、
母が、静かに息を引き取りました。

世界でいちばん応援してくれた人でした。

母の人生は、決して平坦な道ではありませんでした。
子どものころ、座ってお茶を飲んでいる母の姿をほとんど見たことがありません。

2月、私の誕生日に、
「生んでくれてありがとう」とメールで伝えました。
よほどうれしかったのか、母の方から電話をくれました。

7月、急激に弱ってきた母に、
「いちばん大変だったときに、支えてくれてありがとう」と伝えました。
「いいえ」と微笑んで答えてくれました。

この二つのことばを伝えておいてよかったと思います。

お母さん、もういちど言いますね。
私を生んでくれてありがとう。
支えてくれてありがとう。

ありがとう。

8月15日のこと2015年08月17日 00時07分18秒

司会・朗読をしてくださった村上信夫さんが、
ブログに書いてくださいました。

http://ameblo.jp/nobu630/entry-12062161435.html

平和への思い2015年08月16日 03時32分19秒

同じ時代(とき)、この星に生まれて。
~八月十五日を忘れない~

用意していた客席では足らず、
急ぎ、椅子を列べ、超満員の会場。

あたりまえの日常がどんなに尊いものなのか。
今が、「戦後」であることのありがたさ。
戦争がいかに愚かな行為であるか、
そして憲法に守られてきたわたしたちの戦後
を実感する時間になりました。

盟友 
村上信夫さんの進行・朗読に、

素晴らしいメンバー
竹内幸枝さん(サクソフォン)、
伊藤玉木さん(コントラバス)、
嶋田達也さん(ギター)、
林敬子さん(マリンバ・パーカッション)、
菅原拓馬さん(ピアノ)、

語り部
伊藤等さん、
冨岡貞男さん、
津田さゑ子さん、

時間がない、
予算も潤沢にない、
限られた中での
スタッフ&お手伝いのみなさんの最大限の努力、
芸文スタッフの皆さんのご尽力、
そして、会場を埋めてくださったお客様。

伝えたいことを
精いっぱい、心込めて伝える。
そこから様々な力が生まれることを、
あらためて実感しました。
からっぽになった今日から、
また一歩が始まります。

平和な今日に感謝を込めて。