心の休息日2016年07月03日 22時15分12秒

ちょうど一週間前に目にしたものを書きます。

440年前の「戦」の地。
ゲンジボタルの乱舞する川辺。
”120年に一度咲く”といわれる笹の花…。

行き当たりばったりの旅で遭遇したものたちは、
日常を少し遠くから見つめる時間をくれました。

帰り道、「ライブカフェ足助のかじやさん」に寄りました。

何度かライブをしたお店です。
最後は、望月雄史さん&林敬子さんと3人で15年前にやったライブでした。

あの夜、濱田千枝ちゃんが車を走らせ聴きに来てくれました。
今は亡き 母も客席にいました。

それから10年後の6月、
2歳の娘をつれて家族でふらっと訪ねました。
オーナーの広瀬さんとも久しぶりに会えました。
たくさん話に花が咲きました。

それから3年後、広瀬さんは亡くなってしまいました。
お通夜もお葬式もいけないままで、
なにかが胸につかえたままでした。

広瀬さんが亡くなって2年が過ぎ、
数日前、7歳になった娘と
家族で立ち寄った「足助のかじやさん」には、
広瀬さんの奥様がいらっしゃいました。
懐かしい気持ちでお話ししました。

広瀬さんの面影がお店のそこかしこにあって、
ラジオのゲストでお呼びしたことや、
広瀬さんのレコーディングの場を訪ねた日のこと、
ライブで歌った歌などを思い出しました。

ときどき、ふっと会いたくなる人。
ときどき、ふっと思い出す人。
ときどき、ふっと行きたくなるところ。

そんなひと、ばしょ、ありがたいです。

ときの流れが、幾筋も、
曲がったり、止まったりしながら、
それでも流れています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック