にいぼん2016年08月13日 22時13分07秒

母が亡くなって、今月23日で一年になります。

新盆でもある この夏。
奥の方にしまい込んでいた回り灯籠を出しました。

きちっと収められたふたつの段ボールには、
母の几帳面な文字で、
「1990年7月」と書かれてあります。

今から26年前、1990年は、父が亡くなった年。
新盆に合わせて母が買い求め、
飾っていたのを思い出します。

箱から出してみると、
ずいぶん年季が入っていますが、
電燈を点けると、
くるくると静かに回り、
仏壇の置かれた母の部屋に光の絵がゆっくりと踊ります。

この回り灯篭を出すため、
母の衣類をたくさん捨てました。
一年たって、
だんだん「姿かたちじゃないんだ」と腑に落ち、
身につけていたものを手放すことができるようになりました。


いろいろ整理してはいるのですが.…、
若いころの父と母が交わした手紙とアルバムは、
私が生きているうちは捨てられないだろうな、きっと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック